スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍った雪道を滑らずに歩ける裏技

凍った雪道を滑らずに歩ける裏技


冬の雪道は滑りやすく、とても危険です。
かといって、雪国など、普段から雪の多い地方でなければ
雪道を歩くための専用の靴なども用意してないはずです。

そこで、特別な道具がなくても
とても簡単な方法で安全に
雪道を歩けるようになる裏技を紹介します。

裏技のやり方


用意する物は1足の靴下だけです。
それも新品を用意する必要はありません。
裏技に使った靴下はひどく汚れてしまうことが予想されますので
履き古して捨てる寸前の靴下で構いません。
部分的に薄くなっていたり、
多少の穴があいていても裏技の効果は変わりません。

靴下の素材はウール、化繊、綿など
どんな物でもかまいません。

ただし、布地は厚手の靴下の方が
裏技の効果を得やすくなります。

裏技のやり方は
普段通り靴を履いた後に
靴の上から靴下を重ねて履くだけです。

靴下で外を歩くことに多少の違和感があるかもしれませんが
靴のまま歩くのと比べると
驚くほど滑りにくくなるはずです。

裏技の原理とポイント


雪道で滑ってしまうのは
地面の雪や氷と靴の間に薄い水の膜ができてしまうのが原因です。
この水の膜が間に入ることによって
地面と靴の間に摩擦がなくなり滑りやすくなってしまうのです。

そこで、この裏技を使うと
靴下の繊維が地面の表面にある水の膜を吸い込んでくれるので
靴(靴下)と地面が密着し、強い摩擦力が生まれて滑りにくくなるのです。

また、靴下の繊維が雪をつかむように密着するため
足元が安定し、滑らずに歩くことができます。

また、足元の冷えを防いでくれる保温効果のおまけつき。
一石二鳥の裏技なんです。

使用した靴下は水でゆすぎ
泥や大きめの汚れを落とした後、普通に洗濯すれば
また繰り返し裏技に使用することができます。

裏技を使うときの注意点


裏技を使って滑りにくくなったとは言っても
雪道はとても危険です。
裏技を使ったからと言って絶対に滑らないという保証があるわけでもありません。
裏技を使って雪道を歩くときも
十分に注意して慎重に歩くようにしてください。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 裏技情報サイト
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleスポンサーリンクsidetitle


sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:urawaza365
裏技大全集へようこそ!

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。