スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローリングに書いてしまったクレヨンの落書きを簡単に落とす裏技

フローリングに書いてしまったクレヨンの落書きを簡単に落とす裏技

子供がクレヨンでお絵かきをする時
机の上などでやってくれればよいのですが
フローリングなど、床の上に画用紙を広げて書いてしまうことが多いですよね。

するとどうしても
画用紙からはみ出して床にまで書いてしまって
後で掃除をしようと思ってもなかなか落ちない、ということになってしまいます。

こんな風に
子供がフローリングをお絵かきのキャンパスにしてしまった時には
簡単な裏技できれいに落としてください。

用意する物は、いらなくなったフリースです。

着古したフリースをそのまま使ってもかまいませんが
適当な大きさに切りだして雑巾サイズにしておくと便利です。

裏技のやり方も簡単で
フローリングに書かれてしまったクレヨンの落書きの上から
フリース雑巾で乾拭き(からぶき)
するだけです。

これだけでクレヨンの汚れはきれいに落ちてしまいます。

フリースは石油が原料となっているので
綿素材のタオルやぞうきんに比べて
新油性が高く、クレヨンに含まれる油分となじみやすいので
クレヨンは簡単に床からはがれフリース雑巾の方に吸着されるのです。

板の境目など細かい隙間に入ってしまったクレヨンは
コインを使ったり先端の細い棒などを使ってフリースをこすりつけると便利です。

この裏技のコツは
乾拭きすることです。
つまり水で濡れていると汚れを落とすことができません。

クレヨンの落書き部分やフリース雑巾が濡れていると
水分と油分が弾き合い、クレヨンは雑巾にくっつくことができず
床になすりつけられてしまいます。

つまり、フリース雑巾とクレヨンの間に水の膜ができ
クレヨンをフリースに写し取ることができません。

これでは汚れは伸びる一方で、きれいにすることはできません。
乾拭きだからこそ新油性の高いフリースが
油でできたクレヨンに直接触れることができ
床からクレヨンを取り除くことができるのです。

拭いた後のフリースは
クレヨンがたっぷりとついて
掃除をした実感も得られてとても気持ちがいいです。

簡単な方法で床のクレヨン汚れをきれいにできる裏技で
フローリングをピカピカにしてください。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleスポンサーリンクsidetitle


sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:urawaza365
裏技大全集へようこそ!

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。