スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄やアルミなどの金属に付いた錆を簡単に落とす裏技

鉄やアルミなどの金属に付いた錆を簡単に落とす裏技

自転車のハンドル部分や
自動車のホイール、バイクのマフラーなどには
ステンレスやアルミ、鉄が多く使われていますが
屋外での使用で雨に濡れたりして錆びてしまうことがよくあります。

こんな時には身近な道具を使った簡単な裏技で
金属の錆をきれいにすっきりと落としてください。

用意するものは木工用ボンドだけです。

やり方も簡単です。
錆びてしまった金属部分に木工用ボンドを塗り、半日くらい乾燥させます。
木工用ボンドが完全に乾燥したら
木工用ボンドを端からゆっくりとはがしてください。
たったこれだけで頑固な錆が木工用ボンドと一緒にはがれ落ちてくれます。
金属がきれいになるだけでなく気持ちよく錆が落ちる快感も味わえる一石二鳥の裏技です。

木工用ボンドは元々金属を接着するものではないので
金属部分からははがれやすいのですが
それと同時に
平らな部分にはくっつきにくくザラザラした部分とはよく結び付く性質があるので
錆だけをしっかりと捕まえた状態で金属部分からきれいにはがすことができるのです。

この裏技のポイントは
錆びている部分を完全に覆うように木工用ボンドをしっかりと塗ることと
乾燥時間を十分に取ることです。

完全に乾いていないと錆びを落とすこともできないうえに
木工用ボンドが金属部分に残ってしまいます。
生乾きの木工用ボンドが残ってしまった時には
濡れ雑巾でこすって落としてください。

完全に乾燥させても
金属の素材によってはきれいにはがせない場合がありますが
そんな時は
上からタオルをかぶせ、熱湯をかけてみてください。
十分に冷ました後タオルごとはがすときれいに取り除くことができます。
熱湯を使う場合には火傷をしないようによく気を付けてください。

この裏技には注意点もありますので気を付けてください。

古い金属についた錆びや
細かい傷の中に入り込んだ錆は
錆びの部分と金属との結合が強かったり
木工用ボンドが傷などの隙間に十分に入り込むことができなかったりして
錆をきれいに落とすことができない場合があります。

また
塗装された箇所の錆にこの裏技を使うと
塗装を一緒にはがしてしまう場合がありますので気を付けてください。

使い方を間違えなければ簡単に錆をきれいに落とせる便利な裏技です。
ぜひお試しください。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleスポンサーリンクsidetitle


sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

urawaza365

Author:urawaza365
裏技大全集へようこそ!

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。