スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網戸の汚れを簡単にきれいにする裏ワザ

網戸はあまり汚れていないように見えてもホコリや黒ずみが結構たまっています。
軽く指でなでてみるだけでも指が真っ黒になり、その汚れを実感することができると思います。
しかし網戸の掃除をするには網戸を取り外さなくてはならなかったり丸洗いするためにホースを引っ張ってきたりと手間がかかって大変です。
そこで面倒な網戸の掃除が簡単にできる裏技の紹介です。

用意するものはエチケットブラシ(使い古しの物でOK)1本だけです。
本来エチケットブラシは洋服のホコリや毛玉を取るためのものですが、網戸の汚れを一気にきれいにすることもできるんです。

汚れてもよいエチケットブラシを用意したら
普段洋服などに使うときと同じように▽マークなどの向きの通り網戸をこすってください。
網戸にぴったりとくっつけて滑らせるようにこするのがコツです。
網戸は両面掃除してもよいですが片面を一度こするだけで裏側まで十分キレイになります。
エチケットブラシが通った場所だけ色が変わってきれいに汚れが落ちたのを確認できると思います。
実際に掃除した部分を掃除する前と同じように指でなでてみてください。
今度は全く指が黒く汚れることはないはずです。

使い終わったエチケットブラシは汚れを手でつまむなどするときれいにできますが
気になる場合はさらに洗剤で軽く洗うとよりきれいになります。

この裏技で網戸を掃除するときには風向きに注意してください。
家の中から外に向かって風が吹いてる時に掃除すると
ホコリが家の中に入ってきません。
それでも家の中に入ってしまったホコリは掃除機で吸い取ってください。
また、マスクを使用するとホコリを吸い込むことがなく安心です。
網戸の掃除をする前に外に洗濯物などがないことを確認してから掃除してください。


最後に裏技の原理を説明します。
エチケットブラシの独特の毛は元々まっすぐな毛を熱で曲げて作ることによってホコリが絡みやすいようになっています。
網戸には空中のほこり、車の排気ガス、土、砂埃、煙草のやに、料理の油などの汚れが何層にも重なってついています。
これらの汚れは親油性、つまり油分にくっつきやすく、逆に水になじみにくい性質をもっています。
濡れ雑巾などで拭いても汚れがダマになって網戸に残ってしまったりするのは汚れが親油性で水と結び付きにくいためです。
しかしエチケットブラシの素材はナイロン100%。つまり油でできていますので親油性の汚れはわずかな刺激を与えただけでナイロンの繊維にくっついてくれるのです。

エチケットブラシでひと拭き!
網戸掃除の面倒臭さを一気に解消してくれる効果絶大の裏技です。
超簡単で便利な裏技で網戸をきれいに掃除してください。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleスポンサーリンクsidetitle


sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

urawaza365

Author:urawaza365
裏技大全集へようこそ!

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。