スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縮んだセーターを元に戻す裏技

縮んだセーターを元に戻す裏技


洗濯機で洗って縮んでしまったセーター、
縮んだままタンスの奥にしまいこんでいたセーターなど…
せっかく大切に使っていたセーターを
そのままあきらめて捨ててしまうのはもったいないですよね。

そんなとき、身近な道具を使って
縮んでしまったセーターを簡単に元通りに伸ばす裏技を紹介します。

いろんなセーターに使える裏技です。
縮んでしまったお気に入りのセーターに
ぜひ試してみて下さい。


セーターが縮む原因


ウールのセーターは羊の毛(羊毛)でできています。
そして同じようにカシミアはカシミアヤギ(山羊)から取れた毛、
アンゴラはアンゴラ山羊の毛が使われています。

この様にセーターには動物の毛を使う事が多いですが
これらの動物の毛の繊維は
表面がスケールと呼ばれるウロコ状の皮質におおわれています。

このスケールは水分や摩擦によって絡み合い縮んでしまう特徴があります。
洗濯すると縮んでしまうのはそのため。
つまり洗濯による水分と摩擦が
セーターが縮んでしまう原因です。


裏技のやり方


用意する物は水とヘアトリートメントです。
この裏技はヘアトリートメントに含まれる「アモジメチコン」という成分を利用していますので
成分表を確認しアモジメチコンが入ったヘアトリートメントを使用してください。

裏技のやり方
①洗面台などにセーター全体がつかる程度の水をはり、ヘアトリートメントを15g溶かします。
②セーターを浸し、30分間つけておきます。
③30分たったら洗濯機で軽く(1分弱程度)脱水し、型崩れしないように注意して陰干しします。

こんなに簡単な方法で、縮んでしまったセーターを元通りに戻すことができるんです。


裏技の原理


繊維の絡みを解消し
縮んだセーターを元通りに伸ばす事ができるのは
ヘアトリートメントに含まれるアモジメチコンという成分のおかげです。

本来は髪の毛をコーティングして指通りを滑らかにしてくれるアモジメチコンは
セーターの毛糸をときほぐし、縮みを解消してくれる効果もあります。

スケールと髪の毛のキューティクルが良く似た性質を持っているために
ヘアトリートメントをうまく利用することで
絡んだ繊維をほどいたり
縮んだセーターを伸ばす効果が得られるのです。


裏技を使うときの注意


ヘアトリートメントに含まれるアモジメチコンという成分が
髪の毛を滑らかにする時と同じように
動物の毛の繊維表面のスケールに働きかけることで
セーターの縮みを解消する裏技なので
化学繊維100%のセーターには効果がありません。
また、セーターに金具が付いている場合は
金属が参加する可能性もありますので十分に注意して下さい。



ウールだけでなくカシミアなど
いろいろなセーターに使える裏技です。
セーターの状態や繊維の種類などによって
効果に差が出ることもありますが
ウールやウールを含む混紡、カシミアなどウール以外の毛糸にも有効な裏技です。
ぜひ、この裏技で縮んでしまった大切なセーターを復活させて下さい。

テーマ : 裏技情報サイト
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleスポンサーリンクsidetitle


sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

urawaza365

Author:urawaza365
裏技大全集へようこそ!

sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。